■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:200730

高校生のとき、
夕食前にアニメを見ながら、
わしはいもうととママと一緒になって大笑いをしていた。

するとすでに食卓についていたお父さんに
「こんなもの一体何がおもしろいんだ!!」
と怒鳴られた。

お父さんの虫の居所が悪いとこんなもんだった。
かと言って、機嫌が良くても
テレビを見て声をあげて笑うお父さんの姿など見たことがなかった。

おもしろいと思っているときは、
ほんの少しニヤッとクチの端をほころばすだけ。
おもしろいことがあっても、
大声でゲラゲラ笑うなんてみっともない!と
お父さんは常々思っていたのだ。

8年前、
65歳で定年を迎えたばかりのお父さんが突然胃がんを患った。
そしてこの8年の間に、
ガンは肝臓に転移し、お父さんは合わせて3回の手術をした。
現在は、手術ができない部分への抗がん剤治療を行っている。

1週間くらい前、
お父さんは1ヶ月に一度通院している都内の病院に
一人で出かけて行った。

夕方、人形焼のお土産を手に帰宅したお父さんに
「浅草に行ってたの?」を聞くと、
「ああ、寄席を観てきたんだ」と言った。

そういえば、少し前にテレビで
「笑うことは免疫力アップになり、ガン患者にとっては身体に良い」
という特集をやっていた。
どうやらそれを見て、寄席で笑ってこようと思ったという。

わしは、浅草の寄席に一人で出向き、
知らない人達の中で落語や漫才をみて笑うお父さんの姿を想像してみた。

きっと周りからみれば笑ってなんかいないだろう…
クチの端を少しほころばし笑っているつもりのお父さんが、
大声で笑う周りの観客の幸せそうな声につつまれて、
一緒に楽しんでいたのかもしれない。
それはきっとお父さんの免疫力アップにつながったにちがいない。