■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療


■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。




■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:200811

「減量を始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れる減量法と言えば、
ジョギング。

減量って、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、皆様は、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらはぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらはぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらはぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらはぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらはぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらはぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
トレーニングすることは厳禁となります。

減量のために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
減量の期間を延ばすことにつながります。

ふくらはぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

どんとはれ
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報