■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

 

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:200725

減量には、適度な運動が欠かせませんが…

普段、運動不足気味という人は、
運動をした翌日には筋肉痛を感じるかもしれません。

筋肉痛まではいかなくても、
肉体がだるかったり、疲労感を感じるのは当たり前の話です。

筋肉痛や肉体のだるさを感じる理由として、
運動をしたことによって、筋肉が傷つくことが考えられます。

傷ついた筋肉を直し、
より強い筋肉を作り出すときに、筋肉痛を感じるんだそうです。

また、運動をすることによって、
筋肉には乳酸がたまってきます。

乳酸は疲労物質として知られていますが、
乳酸をはじめとした疲労物質が血液中にたまって、
血行の悪化を引き起こしているために
疲労感を感じるといわれています。

こういった運動の後の不快感を解消するためには、
軽めの運動を行うことがいいみたいですよ!

軽めの運動をすることによって、
筋肉痛や肉体のだるさを取り除くことを
「アクティブレスト」というそうです。

代表的なアクティブレストとして、
ウォーキングやストレッチといった運動が挙げられます。

いずれも負荷が低く、なおかつ筋肉を動かすことで、
筋肉をほぐす効果があります。

筋肉痛となっている筋肉は、硬くなってしまっています。
そこで、ストレッチやウォーキングといった運動を行うことによって、
筋肉をほぐすことができるわけです。
すると筋肉が柔らかくなり、
血液内にたまっている疲労物質の排出もスムーズとなります。

なので、肉体のだるさや筋肉痛の解消に役立つのです。

激しい運動をした後こそ、
軽めの運動をすることで回復を早めて、
減量をスムーズに実践しましょう!